MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Google Maps
位置を伝えるだけではありません
物流の課題解決に最適

DHLをはじめ、世界中のたくさんの物流業務の課題を Google マップ で解決しています。

  • 配車計画イメージ
    配車計画
  • 車両運行管理イメージ
    車両運行管理
  • 最適なルートイメージ
    最適なルート

Google Maps APIs で解決する物流課題

独自の渋滞情報と効率的な輸配送

Google Maps 独自のリアルタイムの渋滞情報で、配送予定時刻を正確に把握できます。
独自に保有する膨大なデータを元に、最適ルートを算出、過去の時間/日毎のデータに基づき移動時間を予測しドライバーをサポートします。
オペレーションスタッフは、リアルタイムで簡単に追跡・分析を行え、迅速な顧客対応を可能とします。

物流画像2

ストリートビューでラストワンマイル問題を解決

普段使いなれている Google マップ が、業務でもご利用いただけます。
経路検索やストリートビューなど Google マップ は、多機能なマッピングプラットフォームです。
ストリートビューを使えば、事前に駐車場所や搬入口の位置を事前に確認、その場所へ向けてのルート設定で、ラストワンマイルのロスを減らします。

物流画像1

いざという時こそ使いなれたGoogle Maps 監視性能の向上

Google Mapsには、配送センター情報や顧客情報など様々なデータを重畳することが可能です。
たとえば、気象情報を重ね合わせば、台風や突風、竜巻など輸送障害を引き起こす要因を把握、ドライバーを含む社員全員に迂回ルートの告知など、緊急時の意思決定をサポートできるでしょう。

導入事例

  • Lyft
    ドライバーと利用者を結び付ける
    「昨年以来、乗車の成長率と収益は 500% を超えました。これは Google マップの貢献によるところが大きいです。」
  • Fleetminder
    誤送件数を20%削減
    これまで何年も、複数のテレマティクスと地図の業者を利用してきましたが、Google Maps API を利用したことにより、エンドユーザーからこれまでにないほどの好評を得ています。
  • DPD
    荷物追跡機能を改善
    「Google マップを活用したリアルタイムの追跡機能によって、荷物の到着の待ち方が変わります。受取人は、日常生活のペースを乱されることなく荷物を受け取ることができます。」

Google Maps APIsは、大小多岐にわたる企業で導入されています。
社内にGISの専門家がいなくても、ビジネスで活用することができます。

お問い合わせお見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

(※)は入力必須項目です。

当社では、お客様がお問い合わせの際に必要な個人情報または、 お問い合わせ内容等につきましては、
お問い合わせの回答の目的のみに利用します。

Google Maps for Work™に関するご質問やお見積りは、
マルティスープまでお気軽にお問い合わせください03-3518-9013 (受付時間:平日 9:00−18:00)