MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Staff Blog

Introduction example

2018.09.12

Dynamic Street View とは?

Dynamic Street View

みなさん、こんにちは。

Google Maps Platform の新しい価格表には、「Dynamic Street View」という項目があります。初めて聞く言葉だと思いますので、どのようなことをすると該当するのか解説いたします。

 

 

一般的に Street View を見るときは、ペグマンという人型アイコンを地図上にドラッグして閲覧することが多いと思います。ご安心ください。そのような操作で、Street View を閲覧する場合は、課金対象にはなりません。

 

 

では、どのような操作をすると課金対象になるのでしょう?

実は、Street View は JavaScript で下記のようなコードを記述すれば、直接表示することができるんです。例えば、目的の施設があり、その施設の緯度経度がわかっているのであれば、緯度経度を指定するだけで、地図とStreet View を同時に表示させることができます。一々ペグマンをドラッグする必要はないので、便利ですよね。

 

// 地図オブジェクトを生成
var center = new google.maps.LatLng(35.66, 139.74);
var map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), {
	center: center,
	zoom : 15,
	streetViewControl: true 	//ストリートビューを有効
});

//ストリートビューオブジェクトの生成
var pano = new google.maps.StreetViewPanorama(document.getElementById("pano"), {
	position: center,
	pov: {
		heading:100,
		pitch: 10
	}
});
//地図にストーリーとビューを設定
map.setStreetView(pano);

 

 

弊社でも下記サイトで利用しています。

https://maps.multisoup.co.jp/buratamori-map

 

 

いかがでしょうか?

今までは課金対象ではなかったのですが、新プラン移行後、意外と課金されているお客さまが多いようです。

1000回で14ドルと、地図表示よりも高い価格なので、注意しないといけないですね。

参考になれば幸いです。

 

 

バイ

 

 

 

 

【関連記事】こんな記事も読まれています

 - Google Maps JavaScript API, Google Maps Platform, スタッフ日記

お問い合わせお見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

(※)は入力必須項目です。

当社では、お客様がお問い合わせの際に必要な個人情報または、 お問い合わせ内容等につきましては、
お問い合わせの回答の目的のみに利用します。

Google Maps for Work™に関するご質問やお見積りは、
マルティスープまでお気軽にお問い合わせください03-3518-9013 (受付時間:平日 9:00−18:00)