MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Staff Blog

Introduction example

2017.01.19

Distance Matrix API の使い方を考える

Distance Matrix API の使い方

みなさん、こんにちは。

 

今回は、Distance Matrix API の使い方について説明いたします。

Distance Matrix API  は、複数地点間をまとめてルート検索し、ルート距離と所要時間を取得することができるAPIです。

例えば、出発地点として「A、B」、到着地点として「C、D」があった場合、下記4通りの距離と所要時間を取得することができます。

 

  1. A→C
  2. A→D
  3. B→C
  4. B→D

 

DistanceMatrix のようなAPIがない場合は、4回ルート検索しないといけなくなるので少し面倒ですね。

 

では、具体的にどのような場面で利用すれば良いのでしょうか? 私なりに考えた結果、下記のような場面で活用できるのではと思います。

・現在地に近いコンビニを近い順に並べて表示する
・○○駅に近い不動産屋を近い順に並べて表示する

 

今回はサンプルを下記のストーリーで作成してみました。

 

1. Places API を使用して、マルティスープ(神保町)から半径 1km のカフェを検索

2. JavaScript API の DistanceMatrixService を使用して、上記で取得したお店までの距離と時間を取得

3. 近い順に並べてお店をリスト表示

4. リストのお店をクリックするとマルティスープまでのルートを表示

 

以下がサンプルです。

地図上には、Places API で取得したお店を表示しています。

「検索」ボタンをクリックすると、出発地点のマルティスープから到着地点のお店までの距離と時間を取得し、時間順にソートしす。

※ 画面の構成上、結果は Full Screen 時のみ表示されますので、ご注意ください。

Full Screen

 

簡単に DistanceMatxixService の使用方法を説明します。

パラメータの「origns」に出発地点の配列、「destinations」に到着地点の配列を指定します。

// DistanceMatrix サービスを生成
var distanceMatrixService = new google.maps.DistanceMatrixService();

// 出発点
var origns = [
	new google.maps.LatLng(35.6, 139.7),
	new google.maps.LatLng(35.3, 139.5)
// 到着点
var destinations = [
	new google.maps.LagLng(35.8, 140.5),
	new google.maps.LatLng(36.5, 139.3)
];

// DistanceMatrix の実行
distanceMatrixService.getDistanceMatrix({
	origins: origns, // 出発地点
	destinations: destinations, // 到着地点
	travelMode: google.maps.TravelMode.DRIVING, // 車モード or 徒歩モード
	drivingOptions: { // 車モードの時のみ有効
		departureTime: new Date('2017/5/5 10:00:00'), // 2017年5月5日
		trafficModel: google.maps.TrafficModel.BEST_GUESS // 最適な検索
	}
}, function(response, status) {
	if (status == google.maps.DistanceMatrixStatus.OK) {

		// 出発地点と到着地点の住所(配列)を取得
		var origins = response.originAddresses;
		var destinations = response.destinationAddresses;

		// 出発地点でループ
		for (var i=0; i<origins.length; i++) {
			// 出発地点から到着地点への計算結果を取得
			var results = response.rows[i].elements;

			// 到着地点でループ
			for (var j = 0; j<results.length; j++) {
				var from = origins[i]; // 出発地点の住所
				var to = destinations[j]; // 到着地点の住所
				var duration = results[j].duration.value; // 時間
				var distance = results[j].distance.value; // 距離
				console.log("{},{},{},{}", from,  to, duration, distance);
			}
		}
	}
});

パラメータの「drivingOptions」は「travelMode」が「google.maps.TravelMode.DRIVING」のときのみ使用可能です。

その他、詳しいパラメータについてはこちらをご確認ください。

https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/3.exp/reference?hl=ja#DistanceMatrixService

 

 

Distance Matrix API を使用することで、単純な直線距離ではなく『最適なルート』で近いお店を探すことができました。

 

マルティスープでは、様々な地図を活用したソリューションの提案を行っています。弊社ホームページにも沢山の事例がありますので、是非ご覧ください。

https://www.multisoup.co.jp

 

Google Maps の導入を検討している皆さま! ご質問などありましたら以下よりお問い合わせください。価格はこちらに記載しています。

Google Maps の契約プランと価格

 

 

【関連記事】こんな記事も読まれています

2017.04.15

JavaScript API でよく使う地図オプション

みなさん、こんにちは!

今回は、「JavaScript・・・

続きを読む

2017.08.20

Google Static Maps API の使い方

みなさん、こんにちは!

今回は、今まで紹介していなかった「Google Static Maps API」の使い方を紹介いたします。

続きを読む

2016.10.11

インバウンド対策! 地図各社の多言語対応比較

みなさん、こんにちは。

 

先日ホームページを見たというお客様より電話で問い合わせがありました。

 ・・・

続きを読む

 - Google Maps APIs, Google Maps DistanceMatrix API, Google Maps JavaScript API, Google Places API, スタッフ日記

お問い合わせお見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

(※)は入力必須項目です。

当社では、お客様がお問い合わせの際に必要な個人情報または、 お問い合わせ内容等につきましては、
お問い合わせの回答の目的のみに利用します。

Google Maps for Work™に関するご質問やお見積りは、
マルティスープまでお気軽にお問い合わせください03-3518-9013 (受付時間:平日 9:00−18:00)