MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

マルティスープ
Staff Blog

Introduction example

2019.02.16

新しい Places SDK がリリースされました!

New Places SDK

みなさん こんにちは!

昨年は、私たち Maps チームにとっても、Google Maps API ユーザーの皆様にとってもご利用のプランが変わるという大きな変更のあった年となりましたね。今年もその余波のような変更点がいくつか発生しそうです。

 

 

本日は、1月30日に発表のあった新しいPlaces SDK についてフォローアップしていきたいと思います。

https://cloud.google.com/blog/products/maps-platform/introducing-new-improved-places-sdks

 

 

Places SDK は、Android/iOS アプリから Googleの保有する様々な施設や場所に関する情報を取得するためのライブラリです。WEBサービスAPIでも利用できますが、モバイルアプリに特化したSDKも提供されています。

 

 

新規で利用する場合

1月29日に新しいSDKがリリースされていますので、今後新しくアプリを開発する場合は、新しいSDKを使用してください。

 

 

既に利用している場合

既に Places SDK を利用してアプリを開発している方は、2019年7月29日までに新しいSDKに変更し、アプリを再配布する必要があります。

 

Android用移行ガイド

iOS用移行ガイド

 

 

主な変更点

・1日に利用できる上限回数の廃止(無制限に利用できます!)

・有償に変更(価格は、WebサービスAPI版の Places API と同じ)

・機能面

  データの種類を指定して属性情報を取得可

  営業時間が取得可(新規)

  Autocomplete がセッションベースにも対応

  Place Picker の廃止

  など

 

 

今回の変更の意味は、Webサービス版の Places API に機能、価格面をを合わせてきたことかと思います。 すでに利用している方は、修正が必要なので、早めに対応しましょう!

 

 

 

バイ!

 

 

 

 

 

 

地図や位置情報を用いたシステムのご提案・開発ならマルティスープへ

マルティスープは、創業以来のGISとモバイル開発の実績と技術力で、営業支援システムやリサーチ・公共インフラ・工事・警備業界の現場を支援するシステム開発など、地図や位置情報を使った業務システムの導入のご提案や開発をいたします。

現場をつなぐコミュニケーションが屋内外業務のパフォーマンスを最大限に。マルティスープのiField(アイ・フィールド)®シリーズは、屋内外業務の現場の実力を減少させるコミュニケーション障壁を除き、使い慣れたスマートデバイスを使って 現場の実力をリアルに伝えるサービス。

位置・空間情報のエキスパート集団として一緒に働きませんか?

マルティスープは地図情報をはじめとする位置・空間情報技術のエキスパート集団です。当社で日々研究している地図や位置情報といった技術は、災害支援など貢献度の高いシステムとして使用されることもあれば、スマートフォンアプリのゲームとして使われることもあり、その利用用途・価値は、今後もますます広がっていっています。
私たちの企業理念は、「創る喜び、使う喜び」です。
今後の開発体制をより強化するために、新卒・中途問わず、当社の未来を共に創っていただける新メンバーを募集します!

【関連記事】こんな記事も読まれています

2017.10.05

Googleマップを印刷しようとすると表示されない!?

みなさん、こんにちは!

以前、Google Maps APIs プレミアムプランをご購入いただいたお客さまから、以下のような問い合わせがありま・・・

続きを読む

2016.02.29

Google Maps JavaScript API v3は、IE9のサポートを・・・

こんにちは、みなさん。

IE9をお使いいただいている方へ特に重要なお知らせです。

 

2016年・・・

続きを読む

2018.12.28

Google Maps Platform での重要な利用規約変更点

みなさん、こんにちは。

今年も最後の出勤日となりました。1年間、本ブログを読んでいただきありがとうございます。

今年は、Googl・・・

続きを読む

 - Google Maps APIs, Google Maps Platform, Google Places API