MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Staff Blog

Introduction example

2019.02.16

新しい Places SDK がリリースされました!

New Places SDK

みなさん こんにちは!

昨年は、私たち Maps チームにとっても、Google Maps API ユーザーの皆様にとってもご利用のプランが変わるという大きな変更のあった年となりましたね。今年もその余波のような変更点がいくつか発生しそうです。

 

 

本日は、1月30日に発表のあった新しいPlaces SDK についてフォローアップしていきたいと思います。

https://cloud.google.com/blog/products/maps-platform/introducing-new-improved-places-sdks

 

 

Places SDK は、Android/iOS アプリから Googleの保有する様々な施設や場所に関する情報を取得するためのライブラリです。WEBサービスAPIでも利用できますが、モバイルアプリに特化したSDKも提供されています。

 

 

新規で利用する場合

1月29日に新しいSDKがリリースされていますので、今後新しくアプリを開発する場合は、新しいSDKを使用してください。

 

 

既に利用している場合

既に Places SDK を利用してアプリを開発している方は、2019年7月29日までに新しいSDKに変更し、アプリを再配布する必要があります。

 

Android用移行ガイド

iOS用移行ガイド

 

 

主な変更点

・1日に利用できる上限回数の廃止(無制限に利用できます!)

・有償に変更(価格は、WebサービスAPI版の Places API と同じ)

・機能面

  データの種類を指定して属性情報を取得可

  営業時間が取得可(新規)

  Autocomplete がセッションベースにも対応

  Place Picker の廃止

  など

 

 

今回の変更の意味は、Webサービス版の Places API に機能、価格面をを合わせてきたことかと思います。 すでに利用している方は、修正が必要なので、早めに対応しましょう!

 

 

 

バイ!

 

 

 

 

 

 

【関連記事】こんな記事も読まれています

2018.11.14

Maps JavaScript API のリリースバージョンが 3.34 に変更・・・

みなさん、こんにちは。

2018年11月13日頃、Maps JavaScript API のリリースバージョンが 3.33 から 3.34 に・・・

続きを読む

2017.11.17

Adobe AIR 上で Googleマップのマーカーを描画できない不具合の解決・・・

みなさん、こんにちは。

お客さまから、Adobe AIR 上で Google Maps JavaScript API v3.30 を利用すると・・・

続きを読む

 - Google Maps APIs, Google Maps Platform, Google Places API

お問い合わせお見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

Google Maps for Work™に関するご質問やお見積りは、
マルティスープまでお気軽にお問い合わせください03-3518-9013 (受付時間:平日 9:00−18:00)