MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Staff Blog

Introduction example

2017.10.03

Google Maps APIs での日本の住所のコンポーネントのタイプの変更

img

みなさん、こんにちは!

今日は、以前のブログでも記載した Google Maps APIs の Geocoding API の仕様変更についての関連記事になります。

 

以前、お知らせしたように、Google Maps APIs での日本の住所のコンポーネントのタイプが10月下旬 2018年1月(予定)に新しいタイプに変更されます。

実際に影響があるかを判断するためには、下記の切り分けポイントをご参照ください。

 

切り分け:

1.単純に Geocoding もしくは Places API を利用し、”address_components” のタイプを利用、フィルタしていない場合は、影響はありません。(例えば、”formatted_address” を利用している。)

2.日本の住所の ”address_components” の特定のタイプを利用、フィルタしている場合は、影響がある可能性が高いです。

 

質問がある場合は、以下の問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

関連記事

Geocoding API で取得できる住所タイプの仕様が変わります

Geocoding APIの住所のタイプと住所コンポーネントのタイプ

Geocoding APIの微妙な仕様変更?

 

【関連記事】こんな記事も読まれています

2016.10.13

Google Maps が表示されなくなっちゃったよ...? という人へ

「あれれ?サイトのグーグルマップが表示されなくなっちゃった。。」

 

という人いるんじゃないでしょうか?

・・・

続きを読む

2016.10.26

Geocoding APIの住所のタイプと住所コンポーネントのタイプ

みなさん、こんにちは!

今日は、 Google Maps APIs の Geocoding API を使う度に皆さんが(私だけ?)、ずっと"気・・・

続きを読む

2019.08.09

JavaScript API のリリースバージョンが 3.37 に更新されます

みなさん、こんにちは。

2019年8月14日頃、Maps JavaScript API のリリースバージョンが 3.36 から 3.37 に更・・・

続きを読む

 - Google Maps APIs, Google Maps Geocoding API, サポート, スタッフ日記, スタンダードプラン, プレミアムプラン

お問い合わせお見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

Google Maps for Work™に関するご質問やお見積りは、
マルティスープまでお気軽にお問い合わせください03-3518-9013 (受付時間:平日 9:00−18:00)