MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

マルティスープ
Staff Blog

Introduction example

2017.07.09

Geocoding API を使って郵便番号から住所を入力するフォーム

郵便番号から住所入力

みなさん、こんにちは。

よく入力フォームで住所を入力するとき、郵便番号から自動で住所を入力する方法がありますね。今回は、Google Maps Geocoding API を使用してその方法を実現したいと思います。

 

早速、サンプルのプログラムを作成したので、操作してみてください。7桁の郵便番号を入力し、住所取得ボタンをクリックすると、都道府県、市区町村、住所欄に取得したデータが入力されます。

 

コーディング方法は、下記のとおりです。注意点として、ジオコードの結果に「address_components」という配列のデータがあります。この配列が住所によって、5個か6個になりますので、数に合わせて出力方法を変更しています。

$.ajax({
	url: 'https://maps.googleapis.com/maps/api/geocode/json',
	type: 'GET',
	dataType: 'json',
	data: {
		key: {API_KEY},
		address: $('#postal').val(),
		language: 'ja'
	}
}).done(function(data) {
	if (data.status == "OK") {
		var components = data.results[0].address_components;
		if (components.length == 5) {
			$('#pref').val(components[3].long_name);
			$('#city').val(components[2].long_name);
			$('#addr').val(components[1].long_name);
		} else if (components.length == 6) {
			$('#pref').val(components[4].long_name);
			$('#city').val(components[3].long_name + components[2].long_name);
			$('#addr').val(components[1].long_name);
		}
	}
});

 

更に拡張し、Places API オートコンプリートの機能を追加しました。郵便番号を入力していくと、候補が表示されるようになります!

 

テキストボックスにオートコンプリートを設定します。

var initAutocomplete = function() {
	// 対応させるテキストボックス
    var input = document.getElementById('postal');
    var options = {
		types: ['(regions)'],	// 検索タイプ
		componentRestrictions: {country: 'jp'}	// これで日本国内の住所しか表示されなくなる
    };
    var autocomplete = new google.maps.places.Autocomplete(input, options);
};

先程と「address_components」の配列の順番が違いますので、ご注意ください。

$.ajax({
	url: 'https://maps.googleapis.com/maps/api/geocode/json',
	type: 'GET',
	dataType: 'json',
	data: {
		key: {API_KEY},
		address: $('#postal').val(),
		language: 'ja'
	}
}).done(function(data) {
	if (data.status == "OK") {
		var components = data.results[0].address_components;
		if (components.length == 5) {
			$('#postal').val(components[4].long_name);
			$('#pref').val(components[2].long_name);
			$('#city').val(components[1].long_name);
			$('#addr').val(components[0].long_name);
		} else if (components.length == 6) {
			$('#postal').val(components[5].long_name);
			$('#pref').val(components[3].long_name);
			$('#city').val(components[2].long_name + components[1].long_name);
			$('#addr').val(components[0].long_name);
		}
	}
});

 

いかがでしたか?

Google Maps API を活用すると、簡単に住所入力の補完ができますね。是非、みなさもご活用ください。

 

マルティスープでは、Google Maps API に関する質問、あるいは Google Map 以外の地図に関する開発のご相談も承っています。是非、下記の問い合わせフォームよりお送りください。

 

 

地図や位置情報を用いたシステムのご提案・開発ならマルティスープへ

マルティスープは、創業以来のGISとモバイル開発の実績と技術力で、営業支援システムやリサーチ・公共インフラ・工事・警備業界の現場を支援するシステム開発など、地図や位置情報を使った業務システムの導入のご提案や開発をいたします。

現場をつなぐコミュニケーションが屋内外業務のパフォーマンスを最大限に。マルティスープのiField(アイ・フィールド)®シリーズは、屋内外業務の現場の実力を減少させるコミュニケーション障壁を除き、使い慣れたスマートデバイスを使って 現場の実力をリアルに伝えるサービス。

位置・空間情報のエキスパート集団として一緒に働きませんか?

マルティスープは地図情報をはじめとする位置・空間情報技術のエキスパート集団です。当社で日々研究している地図や位置情報といった技術は、災害支援など貢献度の高いシステムとして使用されることもあれば、スマートフォンアプリのゲームとして使われることもあり、その利用用途・価値は、今後もますます広がっていっています。
私たちの企業理念は、「創る喜び、使う喜び」です。
今後の開発体制をより強化するために、新卒・中途問わず、当社の未来を共に創っていただける新メンバーを募集します!

【関連記事】こんな記事も読まれています

2017.01.12

Roads API を使って道路へスナップする

みなさん、こんにちは!

 

今回は、Google Maps API のウェブサービスのひとつ「

続きを読む

2018.01.13

Google Maps JavaScript API で描画ツールを利用してみる

みなさん、こんにちは。

Google Maps JavaScript API で地図上にラインや円、ポリゴン、四角形、マーカーを描画するツ・・・

続きを読む

2016.09.27

MarkerClusterer ライブラリの紹介

みなさん、こんにちは!

 

Google Maps 上に 店舗の情報などマーカーをたくさん描画したとき、マーカー・・・

続きを読む

 - Google Maps APIs, Google Maps Geocoding API, Google Places API, スタッフ日記