MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Staff Blog

Introduction example

2018.02.02

BLE Beaconを使った屋内測位方法をご紹介

img

みなさん、こんにちは!

屋内測位技術を使い、工場内の人の動きを見たい、フォークリフトの動くをみたいといったご要望が去年くらいからとても多くなってきました。マルティスープの屋内位置情報ソリューション「iField indoor(アイ・フィールド インドア)」もBLE Beaconを使い屋内測位を行なっています。BLE Beaconを使う測位方式もいくつかありますので、今回はその中から3つの方式についてご紹介したいと思います!

 

まず、BLE Beaconとは、Bluetooth Low Energy(BLE)を使って電波を発信する端末です。端末自体の単価は安価で、シンプルで扱いやすい端末です。その端末を屋内空間に網羅的に設置し、位置測位対象となるスマートフォン等の位置情報を推定します。 また、逆にモノの位置を測位した場合は、モノ側にBeaconを携帯し、スマートフォンやタブレットを受信装置として活用することも可能です。

 

 

・位置推定型

ble_03

作業者やフォークリフトなど動態の移動の軌跡を取得するのに向いている測位方法です。設備にBLE Beacon(発信機)を設置、作業員やフォークリフトなど動態側がスマートフォン(受信機)を所持します。スマートフォンで受信した複数のBeacon情報(複数の識別情報+電波強度)から受信機の位置を推定します。

 

 

・近接型

ble_07

薬液注入場所など特定したい作業工程(場所)を取得するのに適した測位方式です。位置推定型と同じく設備にBLE Beacon(発信機)を設置、作業員あるいは動態側がスマートフォン(受信機)を所持しますが、スマートフォンで受信した特定のBeacon情報(特定の識別情報+電波強度)のみより受信機の位置を推定します。

 

 

・ゲートウェイ型

ble_11

ゲートウェイ型は、上記2つとは異なり、設備にはIoT ゲートウェイ(受信機)を設置、作業員やフォークリフトなどの動態側はBLE Beacon(発信機)を所持します。IoTゲートウェイが受信した特定のBeacon情報(特定の識別情報+電波強度)から、発信機の位置を推定します。スマートフォン端末を動態へ所持させるのが困難な場合など、こちらの方式をオススメしています。


IoTゲートウェイ:端末内にSIMを装着もしくは現場内のWi-Fi環境を利用し、受け取ったBeacon情報をもとに、位置を近接的に測位します。

 

 

iField indoor については、こちらの記事でもご紹介させていただいております。

IoT×屋内測位パビリオン出展 iField indoorをご紹介!

また、製品紹介サイトはこちらになります。

iField indoor

 

iField indoor は、BLE Beaconを使った測位だけでなくいくつかの測位に対応しておりますので、そちらについてはまた次回紹介したいと思います。

バイ!

【関連記事】こんな記事も読まれています

2018.09.26

来場御礼 iField ソリューションセミナー2018

みなさま、こんにちは!

先日9/13(木)、iField ソリューションセミナー2018を開催しました。

iField ソリューシ・・・

続きを読む

2017.10.02

IPIN2017 日本語WSの資料を公開しました

みなさん、こんにちは!

このブログで度々紹介させてもらっている国際学会IPIN2017, 台風に負けず多くの方にお越しいただきました。ありがと・・・

続きを読む

2017.05.22

「工場管理」2017年4月臨時創刊号 掲載のご案内

みなさん、こんにちは!

月刊「工場管理」に、iField indoorが紹介されました。

 

 <・・・

続きを読む

 - iField indoor, スタッフ日記, 屋内測位

お問い合わせお見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

Google Maps for Work™に関するご質問やお見積りは、
マルティスープまでお気軽にお問い合わせください03-3518-9013 (受付時間:平日 9:00−18:00)