MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Staff Blog

Introduction example

2018.11.30

工場内のIoT化事例紹介

img

みなさん、こんにちは!

IoTという言葉が流行り出して3年くらい経つと思いますが、みなさんはどのような取り組みをしていますか? マルティスープには、屋内測位技術を利用し、工場や倉庫の内でのIoT化の取組に適した iField indoor という製品を開発・提供しております。

 

屋内測位技術は、これまで数値化することの難しかった人や小径車・フォークリフトなどの屋内での位置情報を取得し、稼働情報を数値化、稼働効率改善への取り組みとして様々な現場で導入されはじめています。

 

弊社へ相談いただくお客様は、これまでに製造しているモノや設備の工程管理や効率化に取り組み、作業者や小径車・フォークリフトなどの効率改善にも取り組んだ経験のある方が多いです。カメラやストップウォッチで、人の動きを数値化しようとするもカメラは取れてない場所があったり、ストップウォッチでは測るのに工数がかかるなど数値化への課題を抱えていらっしゃいました。

 

屋内測位技術は、近年急速に発達し、様々な技術・新しいデバイスが生まれ、お客様のニーズに合致する形で導入いただくことがしやすくなりました。価格にもバリエーションが出てきています。

 

マルティスープの屋内位置情報ソリューション iField indoor は、基本的にはBLE Beaconとスマートフォンを使用した測位形式です。

 

今回は、iField indoor を導入いただいたお客様である ジャパンセミコンダクター様が、IoT導入事例としてスマートIoT推進フォーラムで記事となりましたので、ご紹介いたします。

 

作業者動線の屋内測位による高効率半導体生産ラインの構築-「M3 Vision Monitor」の開発・活用

 

一つの事例ではありますが、悩んでいる皆様の参考になるのではないかと思います。

また、弊社では BLE Beacon × スマートフォン以外の測位形式も多く検証しておりますので、屋内測位技術導入に関してお困りごとがございましたら、お問い合わせください。

 

 

また、

12/12-14に東京ビッグサイトで開催されるSEMICON JAPANへもジャパンセミコンダクター・マルティスープは出展いたします。

本導入事例をご紹介させていただくセミナーも予定しておりますので、ぜひお立ち寄りください。

 

【講演概要】
「生産性向上を実現する! 『iField indoor』 屋内測位によるマニュアルCR”みえる化”導入事例」

日時:12月14日(金) 11:20-12:10
  場所:TechSPOT INNOVATION&IOT
費用:無料


・展示会概要・
【日時】
2018年12月12日(水)~ 12月14日(金)10:00~17:00

【会場】
東京ビッグサイト 東ホール
ブース:3645

【入場料】
事前登録にて無料

【出展内容】
iField indoor(アイフィールド インドア)

【展示会詳細URL】
http://www.semiconjapan.org/jp/

【関連記事】こんな記事も読まれています

2017.03.11

GoogleマップにGeoJSONで図形を描画する

みなさん、こんにちは!

前回、KMLファイルを使って図形を描画する方法を紹介しましたが、今回は GeoJSON ファイルを使って図形を描画する・・・

続きを読む

2016.12.22

未来の交通状況を考慮したルート検索

みなさん、こんにちは。

 

Google Maps API では、指定した日時の交通状況を予測したかたちでルート検索を行・・・

続きを読む

2016.08.26

国土地理院の地図でストリートビューを見る

みなさん、こんにちは!

前回、Googleマップで無償地図の「OpenStreetMap」を表示する方法を説明しましたが、今回は同じような形で・・・

続きを読む

 - iField indoor, スタッフ日記, 導入事例, 屋内測位

お問い合わせお見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

Google Maps for Work™に関するご質問やお見積りは、
マルティスープまでお気軽にお問い合わせください03-3518-9013 (受付時間:平日 9:00−18:00)