MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

マルティスープ
Staff Blog

Introduction example

2022.09.29

Google Map + deck.glでマーカー表示

eye_catche_trimed

みなさん、こんにちは。

Google Map等のウェブマップを使用するとき、様々なデータをマップ上に表示する場面があります。 今回は Vue3 + GoogleMap + deck.gl を使ってマップ上にマーカーを表示したいと思います。

 

 

deck.glとは (公式サイト)


 

地図上に描画する大規模な地理空間データを 2D および 3D (WebGLベース)で表現できる、オープンソースのデータ可視化フレームワークです。

 

複数のレイヤを組み合わせて複雑なデータをすばやく表示することができます。

 

 

deck.glでマーカー表示


 

マップ上に deck.gl を使ってマーカーを表示してみます。マップは GoogleMap を利用します。(GoogleMapの表示設定について)

 

deck.gl ではマーカー表示に IconLayer を使用します。

<script setup> import { reactive } from 'vue' import { IconLayer } from '@deck.gl/layers' import { GoogleMapsOverlay } from '@deck.gl/google-maps' import data from './assets/prefectures.js'

// Google Maps APIキー const API_KEY = 'YOUR_API_KEY'

// マップの中心座標 const DEFALT_CENTER = { lng: 139.759548, lat: 35.692175 }

// マーカーAtlasファイルのパス const ICON_ATLAS = 'ATLAS_FILE_PATH'

// Atlasファイル上のマッピング情報 const ICON_MAPPING = { marker: {x: 0, y: 0, anchorY: 128, width: 128, height: 128, mask: true} }

// ツールチップ用リアクティブ変数 const state = reactive({ hovar: null })

let google = null let googleMapsLoader = null let map = null let deck = null

...

/** * マップ読み込み完了時コールバック */ const $_loadEnd = () => {   /**    * GoogleMap初期化まで完了済み   * google = googleオブジェクト   * map = Mapオブジェクト   */

  // ツールチップ非表示処理   google.maps.event.addListener(map, 'bounds_changed', () => state.hovar = null)

   // GoogleMapsOverlayy生成   deck = new GoogleMapsOverlay({     ...option,     initialViewState: {       longitude: DEFALT_CENTER.lng,         latitude: DEFALT_CENTER.lat,       zoom: 12,       pitch: 0,       bearing: 0,     },   })

  // GoogleMapへオーバーレイ   deck.setMap(map)

   // マーカー表示レイヤー(`IconLayer`)生成    // data フォーマット    // [{ name: '東京都', coordinates: [139.69167, 35.68944] }...]   const layer = new IconLayer({     id: 'icon-layer',     pickable: true,     sizeScale: 10,     data,     iconAtlas: ICON_ATLAS,     iconMapping: ICON_MAPPING,     getIcon: d => 'marker',     getPosition: d => d.coordinates,     getSize: d => 5,     getColor: d => [...Array(3)].map(() =>       Math.floor(Math.random() * 256),     ),     onClick: d => {state.hovar = d},   })

   // レイヤーを追加   deck.setProps({layers: [layer]}) } ... </script>

<template>   <!-- マップ -->   <div id="map-base-google-id" class="map-base-google"/>    <!-- ツールチップ -->   <div     v-if="state.hovar"     class="tooltip"     v-bind:style="{left: `${state.hovar.x}px`, top: `${state.hovar.y}px`}"   >     {{state.hovar.object.name}}   </div> </template>

<style scoped> .map-base-google {   height: 100vh;   width: 100vw; } .tooltip {   position: absolute;   background: #5c5c5c;   color: #fff;   border-radius: 8px;   padding: 4px 8px; } </style>

 

 

実行画面で各都道府県庁の場所にマーカーが表示されました。

staticmap4

 

マーカーをクリックすると name の値が表示されます。

staticmap4

 

 

いかがでしょうか?

deck.glではレイヤーの種類を変えることでさまざまな表現も可能です。

また、データ(JSONオブジェクトの配列等)をアイコンやポリゴン、テキストなどのビジュアルレイヤーにマッピングし、マップ上でそれらを見ることができます。

 

 

みなさんも是非お試しください!!

 

 

バイ!

地図や位置情報を用いたシステムのご提案・開発ならマルティスープへ

マルティスープは、創業以来のGISとモバイル開発の実績と技術力で、営業支援システムやリサーチ・公共インフラ・工事・警備業界の現場を支援するシステム開発など、地図や位置情報を使った業務システムの導入のご提案や開発をいたします。

現場をつなぐコミュニケーションが屋内外業務のパフォーマンスを最大限に。マルティスープのiField(アイ・フィールド)®シリーズは、屋内外業務の現場の実力を減少させるコミュニケーション障壁を除き、使い慣れたスマートデバイスを使って 現場の実力をリアルに伝えるサービス。

位置・空間情報のエキスパート集団として一緒に働きませんか?

マルティスープは地図情報をはじめとする位置・空間情報技術のエキスパート集団です。当社で日々研究している地図や位置情報といった技術は、災害支援など貢献度の高いシステムとして使用されることもあれば、スマートフォンアプリのゲームとして使われることもあり、その利用用途・価値は、今後もますます広がっていっています。
私たちの企業理念は、「創る喜び、使う喜び」です。
今後の開発体制をより強化するために、新卒・中途問わず、当社の未来を共に創っていただける新メンバーを募集します!

【関連記事】こんな記事も読まれています

2016.09.27

MarkerClusterer ライブラリの紹介

みなさん、こんにちは!

 

Google Maps 上に 店舗の情報などマーカーをたくさん描画したとき、マーカー・・・

続きを読む

2017.01.24

InfoWindow をカスタマイズする

こんにちは。

Google Maps 上に描画したマーカーをクリックしたときに表示する吹き出し、通称「InfoWindow」をカスタマイズ・・・

続きを読む

2017.07.09

Geocoding API を使って郵便番号から住所を入力するフォーム

みなさん、こんにちは。

よく入力フォームで住所を入力するとき、郵便番号から自動で住所を入力する方法がありますね。今回は、Google Maps・・・

続きを読む

 - GIS, Google Maps JavaScript API, スタッフ日記