MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

マルティスープ
Staff Blog

Introduction example

2022.03.31

準天頂衛星「みちびき」の実証実験の備忘録

長岡いいねスポット

みなさん、こんにちは!

 

弊社マルティスープは

準天頂衛星「みちびき」の実証実験プロジェクトの一つとして、「ながおか子育てマップ」制作のお力添えをさせていただきました!

 

新潟県長岡市にお住まいの子育て世代の方々にご協力いただき、子育て世帯の皆様へおすすめしたい、隠れたおすすめスポットが載った地域独自の「オリジナルイラストマップ」を作成しようという試みです。

 

普段通りの生活の中で、おすすめスポットに立ち寄った際に、事前に貸出した位置測位端末(GNSSトラッカー)にある「いいねボタン」を 押していただき、おすすめスポットの位置情報を弊社の位置情報のプラットフォーム「iField」に収集させて頂きました。

 

収集した位置情報をGooglemapsにジオコーディングし、おすすめスポットを分析しました。

 

そして出来上がったマップがこちらです!(イラスト表現をしてくださったのは、Strolyさんです)

https://stroly.com/viewer/1612945902/

 

 

マップの完成を機に、実際に長岡のおすすめスポットに行ってみました!

 

本ブログの最初の写真もその1つです。

ここは長岡市子育ての駅 千秋・てくてく・せんしゅう保育園というところで、今回のご協力いただいた方々に位置測位端末をお渡しした、「いいねスポット」集めの起点となった場所です。

長岡市には「子育ての駅」という子育て支援施設がいくつもあり、今回の試みの中でもいいね!をたくさんもらっていました!

 

 

他にも例えばこのようなところがあります。

 

 

長岡悠久山公園景色 長岡悠久山公園

 

悠久山公園という大きな公園で敷地内に無料の動物園もありました!

 

 

 

長岡スキー場 長岡スキーリフト

 

スキー場もあります。この日は季節柄スキーはできませんでしたが、ご協力いただいた時は冬だったのでスキーを楽しんでいたのかな。

 

 

 

長岡花火道の駅外観 長岡花火道の駅

 

長岡ならではの道の駅も!

 

 

また、おすすめスポットの分析作業時、位置情報だけではわかりにくい場所がありました。

そのうちの1つが大型店舗が立ち並ぶ場所です。どうしてもどの店舗に対して「いいね」をしたかというのが判別しにくいです。

 

それを解明すべく、現地に行ってみました。

実際に現地に行ってみて分かったことがあります。

 

 

写真のように隣り合った店舗、Googlemapsで表示するとこのような表示になります。

長岡街中長岡マップ

これだけ見るとどちらかパッとはわかりません。

 

ただ写真には地図に表示されていない店舗があります。

そう、片方の建物の中にトイザらスがあったのです!

 

場所の分析作業前、作業時、現地を訪れていたら、きっとトイザらスにしていたと思います。

 

もちろん、位置情報のみで判断しているので正解かはわかりません。

ただ、実際に現地を訪れることで、「見えてくるもの」がたくさんあると感じました。

 

位置情報に加えて、その他の情報を組み合わせることで、より多くのことが見えてくることと、実際に足を運ぶことが大切だとあらためて感じました。

今後に活かしていきたいと思います。

 

 

おすすめスポットには子育て世代ならではのスポットがたくさんあり、私が行った日も、どのスポットもお子様連れの家族がたくさん遊んでいました。

 

「子育て世代」へのおすすめスポットとはいうものの、大人の私も楽しんでいました。

長岡に行かれる際は是非活用してみてください!私もまた長岡に遊びに行きたいです!

 

 

 

バイ!

 

地図や位置情報を用いたシステムのご提案・開発ならマルティスープへ

マルティスープは、創業以来のGISとモバイル開発の実績と技術力で、営業支援システムやリサーチ・公共インフラ・工事・警備業界の現場を支援するシステム開発など、地図や位置情報を使った業務システムの導入のご提案や開発をいたします。

現場をつなぐコミュニケーションが屋内外業務のパフォーマンスを最大限に。マルティスープのiField(アイ・フィールド)®シリーズは、屋内外業務の現場の実力を減少させるコミュニケーション障壁を除き、使い慣れたスマートデバイスを使って 現場の実力をリアルに伝えるサービス。

位置・空間情報のエキスパート集団として一緒に働きませんか?

マルティスープは地図情報をはじめとする位置・空間情報技術のエキスパート集団です。当社で日々研究している地図や位置情報といった技術は、災害支援など貢献度の高いシステムとして使用されることもあれば、スマートフォンアプリのゲームとして使われることもあり、その利用用途・価値は、今後もますます広がっていっています。
私たちの企業理念は、「創る喜び、使う喜び」です。
今後の開発体制をより強化するために、新卒・中途問わず、当社の未来を共に創っていただける新メンバーを募集します!

【関連記事】こんな記事も読まれています

2017.01.19

Distance Matrix API の使い方を考える

みなさん、こんにちは。

 

今回は、Distance Matrix API の使い方について説明いたします。

続きを読む

2017.07.09

Geocoding API を使って郵便番号から住所を入力するフォーム

みなさん、こんにちは。

よく入力フォームで住所を入力するとき、郵便番号から自動で住所を入力する方法がありますね。今回は、Google Maps・・・

続きを読む

2017.03.11

GoogleマップにGeoJSONで図形を描画する

みなさん、こんにちは!

前回、KMLファイルを使って図形を描画する方法を紹介しましたが、今回は GeoJSON ファイルを使って図形を描画・・・

続きを読む

 - スタッフ日記