MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Staff Blog

Introduction example

2017.05.17

Googleマップで「戦前の23区を見渡せる空中写真」を表示する

img

みなさん、こんにちは。

国土地理院が、4月28日に「戦前の23区が見渡せる空中写真」を公開しました。

http://www.gsi.go.jp/MAP/HISTORY/johoservice20170428.html

 

早速、以前作成した「Google マップで過去の航空写真を見る」というデモサイトで参照できるようにしました。現在、デモサイトで参照できる地図(空中写真)の一覧は以下の通りです。

1. 空中写真(1936年頃)

2. 空中写真(1961~1964年)

3. 空中写真(1945~1950年)

4. 国土画像情報(第一期:1974~1978年撮影)

5. 国土画像情報(第二期:1979~1983年撮影)

6. 国土画像情報(第三期:1984~1986年撮影)

7. 国土画像情報(第四期:1988~1990年撮影)

8. 最新(2007~)

9. シームレス空中写真

 

左上の「航空写真」をクリックすると、地図の一覧が表示されます。その中の「空中写真(1936年頃)」を選択すれば、地図が切り替わります。

Full Screen

 

国土地理院のサイトでも見れますが、Google マップで見る利点は、ストリートビューも一緒に見れることです! 色々な年代の空中写真を見ながら今の町並みを見ていると、夢中になってしまいませんか?

 

なお、タイトルにある通り、1936年頃の空中写真は東京23区近辺しかありませんのでご注意ください。その他の地域では真っ白になってしまいます。

 

今後も国土地理院から空中写真が公開されたときには、随時追加していきたいと思います!

では、今日はこの辺で。

 

バイ

【関連記事】こんな記事も読まれています

2017.03.22

Google マップで「竹島」と表示する方法は?

みなさん、こんにちは。

Google Maps JavaScript API は、みなさんご存知のとおり多言語に対応した地図です。そのため、l・・・

続きを読む

2016.12.22

未来の交通状況を考慮したルート検索

みなさん、こんにちは。

 

Google Maps API では、指定した日時の交通状況を予測したかたちでルート検索を行・・・

続きを読む

2017.01.16

東京の花粉量をヒートマップで可視化する

みなさん、こんにちは!

Google Maps JavaScript API のライブラリには、データ可視化ライブラリ(visualiza・・・

続きを読む

 - Google Maps JavaScript API, スタッフ日記

お問い合わせお見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

(※)は入力必須項目です。

当社では、お客様がお問い合わせの際に必要な個人情報または、 お問い合わせ内容等につきましては、
お問い合わせの回答の目的のみに利用します。

Google Maps for Work™に関するご質問やお見積りは、
マルティスープまでお気軽にお問い合わせください03-3518-9013 (受付時間:平日 9:00−18:00)