MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Staff Blog

Introduction example

2017.03.22

Google マップで「竹島」と表示する方法は?

竹島と表示する方法

みなさん、こんにちは。

Google Maps JavaScript API は、みなさんご存知のとおり多言語に対応した地図です。そのため、language パラメータを設定することで様々な言語で地図を表示することができます!

 

 

以下は、一般的な JavaScript API のロード方法です。

<script src="https://maps.google.com/maps/api/js?v=3&key={API_KEY}&language=ja" ></script>

ちなみに、language パラメータを指定しないと、ブラウザのデフォルト言語が設定されますので、日本語を使用する場合には特に意識する必要はないと思います。

 

 

JavaScript API では、それ以外に地域の設定を行うパラメータが存在します。それが region パラメータになります。

<script src="https://maps.google.com/maps/api/js?v=3&key={API_KEY}&language=ja&region=JP" ></script>

今回ブログのタイトルにある「竹島」と表示する方法は、この region パラメータが関係しています。

 

 

では、language パラメータと region パラメータを設定して地図を表示するデモアプリも作成しましたので、ご覧ください。

Full Screen

 

デフォルトでは、region パラメータを「地域未指定」にしているので「リアンクール岩礁」と表記されているのがわかりますか? この region パラメータを「日本(JP)」や「韓国(KR)」に変更してみてください。表記が「竹島」や「独島」に変わるはずです。このように region パラメータを指定することで、その地域(国)にローカライズされた表記が実現するようです。

日本で使用する場合、特に問題なければ「region=JP」と指定することをお勧めします!

 

 

なお、region パラメータに指定できる値は、ISO-3166-1 で定義されている国コードトップドメイン(2文字)のようです。(日本であれば「JP」、アメリカは「US」)

 

 

★まとめ

language: 地図の表記言語を切り替える 
region:  地図の表記文言自体を変えてしまう

 

 

最後に、Google Maps 標準の地図を表示するときも同じようなパラメータが存在します。

hl: 言語の設定(languageと同じ)
gl: 地域の設定(regionと同じ)

 

https://maps.google.co.jp/maps?q=37.2426433,131.866828&hl=ja&gl=US

https://maps.google.co.jp/maps?q=37.2426433,131.866828&hl=ja&gl=JP

https://maps.google.co.jp/maps?q=37.2426433,131.866828&hl=ja&gl=KR

 

 

では、今日はこの辺で。

質問などありましたら下記よりお問い合わせください。

 

【関連記事】こんな記事も読まれています

2017.09.10

Googleマップに天気画像を重ねて表示してみる

みなさん、こんにちは。

今回は Googleマップ上に、「OpenWeatherMap」という天気情報サービスで公開している降水量、温度などの・・・

続きを読む

2017.04.15

JavaScript API でよく使う地図オプション

みなさん、こんにちは!

今回は、「JavaScript・・・

続きを読む

2017.03.17

時差計算ができるGoogle Maps Time Zone API の利用方法を・・・

みなさん、こんにちは。

 

Google Maps API で最後まで紹介できていなかった「続きを読む

 - Google Maps JavaScript API, スタッフ日記, 多言語地図

お問い合わせお見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

Google Maps for Work™に関するご質問やお見積りは、
マルティスープまでお気軽にお問い合わせください03-3518-9013 (受付時間:平日 9:00−18:00)