MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

マルティスープ
Staff Blog

Introduction example

2017.03.17

時差計算ができるGoogle Maps Time Zone API の利用方法を考えよう

timezoneapi_thumbnail

みなさん、こんにちは。

 

Google Maps API で最後まで紹介できていなかった「Time Zone API」についてご紹介します。

Google の説明も非常にシンプルである地点のタイムゾーン名とUTCからのオフセット、夏時間がある場合は夏時間のオフセットを返してくれます。

 

. ( ´_ゝ`)フーン

それだけ?と思ったでしょうか。。ここは何か閃きが必要ですね。

 

ちなみにですが、任意の場所のタイムゾーンや時刻を正確に取得する方法は

地球と太陽の位置関係だけでは表現できない思惑が絡まっていて

こういったAPIを使わないと正確な値を取得することは難しいです。

どんなものに使えるか考えながら見ていきましょう。

 

とりあえず、仕様を確認してみます。

 

リクエストパラメータです。

パラメータ名 説明
location 探す地点を示すコンマ区切りの緯度と経度のペア
timestamp 1970 年 1 月 1 日深夜 0 時からの経過秒数(UTC)で希望時刻を指定します。
単位はミリ秒ではなく秒なので取得した現在日時を入れるときは丸めて下さい。
key APIキーです。

 

リクエストURLです。これもPOSTで送信します。

https://maps.googleapis.com/maps/api/timezone/json?location={Location}&language=ja&timestamp={TIMESTAMP}&key={API_KEY}

非常にシンプルですね。他のAPIと比べても迷うことなさそうです。

デモ画面を作成しました。

 

今回はレスポンスデータから世界の主要都市と東京との時差を取得できるようにしました。

都市を選択してみて下さい。

レスポンスデータは吹き出しで表示するようにしました。

 

レスポンス結果の例です。

{
   "dstOffset" : 1200,
   "rawOffset" : 3600,
   "status" : "OK",
   "timeZoneId" : "Europe/Monaco",
   "timeZoneName" : "中央ヨーロッパ標準時"
}

海上や水上の地点の緯度経度を渡すとエラーとなります。

常に決まった地点のタイムゾーンを静的データとして返すのであれば、このAPIを使わずにできますが

メリットとしてはやはり

任意の場所のUTCのオフセット値を返してくれる。
サマータイムを考慮できる。

でしょうか。

日本では馴染みのないサマータイムですが、世界60カ国以上で実施されていて

アメリカやオーストラリア、ブラジルでは州ごとに実施するかどうかを決めているのが現状のようです。

各国各州の事情まで考慮にいれるのは自前では難しいですね。

 

今回は Google Maps Time Zone API のレスポンス結果から現地時間を計算して出力しました。

私もこの記事を書きながら他に何ができるかなと考えを巡らせてみました。

 

 

例えば。。。2つ思いつきました。

①世界からアクセスされるサービスを運用しているサーバを使っている場合

クライアント端末の時間ではなくクライアント端末の現在地の緯度経度を取得してから

Google Maps Time Zone API を使ってタイムゾーンを取得して

負荷にならないようにタイムゾーン別で地域毎にイベントを発生させる。

 

とか

②飛行機の国際線の時刻表を使って出発時間と到着時間から

機内で寝るべきか起きるべきか何時間後に寝ると時差ボケなく過ごすことができるか教えてくれる。。。

 

とかでいかがしょうかー

証券会社や先物取引の現場などでは時差は重要になってくるのでしょうか?

グローバル企業や24時間開発をしているプロジェクトでは、相手の時間がすぐにわからないと不便ですよね。。。

アメリカやヨーロッパなど陸続きでも、時差があるエリアを観光する際などは、時差を活用すると楽しい観光の時間が長く持てるかもしれません。

Google Maps Time Zone API の利用方法を考えていると時差の利用価値をいろいろ考えてしまいました。

 

使い方次第で様々なサービスに利用することができるGoogle Maps

導入を検討されている皆さま!ご質問などありましたら、以下のお問い合わせフォームより是非、ご相談ください!

地図や位置情報を用いたシステムのご提案・開発ならマルティスープへ

マルティスープは、創業以来のGISとモバイル開発の実績と技術力で、営業支援システムやリサーチ・公共インフラ・工事・警備業界の現場を支援するシステム開発など、地図や位置情報を使った業務システムの導入のご提案や開発をいたします。

現場をつなぐコミュニケーションが屋内外業務のパフォーマンスを最大限に。マルティスープのiField(アイ・フィールド)®シリーズは、屋内外業務の現場の実力を減少させるコミュニケーション障壁を除き、使い慣れたスマートデバイスを使って 現場の実力をリアルに伝えるサービス。

位置・空間情報のエキスパート集団として一緒に働きませんか?

マルティスープは地図情報をはじめとする位置・空間情報技術のエキスパート集団です。当社で日々研究している地図や位置情報といった技術は、災害支援など貢献度の高いシステムとして使用されることもあれば、スマートフォンアプリのゲームとして使われることもあり、その利用用途・価値は、今後もますます広がっていっています。
私たちの企業理念は、「創る喜び、使う喜び」です。
今後の開発体制をより強化するために、新卒・中途問わず、当社の未来を共に創っていただける新メンバーを募集します!

【関連記事】こんな記事も読まれています

2016.10.11

インバウンド対策! 地図各社の多言語対応比較

みなさん、こんにちは。

 

先日ホームページを見たというお客様より電話で問い合わせがありました。

 ・・・

続きを読む

2018.04.26

Googleマップでマーカーの回転

みなさん、こんにちは。

Google マップでマーカーを描画するとき、回転したいなと思うことはありませんか?

例えば、車の走行履歴・・・

続きを読む

2017.06.10

Street View Image API を初めて使ってみました

みなさん、こんにちは!

来週の 6月14、15日は、Google Cloud Next'17 が開催されます。皆さん、申込みしましたか? 

続きを読む

 - Google Maps APIs, Google Maps TimeZone API, スタッフ日記