MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Staff Blog

Introduction example

2017.03.29

Google Maps お問い合わせランキング

img

みなさん、こんにちは!

マルティスープでは、ブログを開設して1年が経ちました!  思っていたよりも非常に多くのみなさまに閲覧いただいているようで、Google Maps に関するお問い合わせの件数もだいぶ増えてきています。

今回は、よくあるお問い合わせの内容について、可能な範囲でみなさんにご紹介したいと思います。

 

 

1. Googleマップ上に表示されている●●が違うので修正したい

もっとも多いお問い合わせは、間違った情報が表示されるので修正したい、という内容です。

●●の部分は、電話番号や店舗写真が多いですね。自分のお店や会社なのに違う情報が載っているということでお困りの人が多いようです。

このような場合、自分から Google に対して修正依頼を行うことができます。詳しくは下記ブログに記載しています。

グーグルマップで間違ったお店の場所をなおしたい!

 

また、Google マイビジネスに登録されていない方には、登録することをお勧めしています。マイビジネスに登録すれば、お店の写真なども自分でアップロードできるようになりますよ。

Google マイビジネスに登録しよう!

 

 

 

2. Google Maps は、ビジネスで使うことができますか?

はい!Google Maps APIs は、個人的な利用にもビジネスでの利用でもどちらの場合も使用することが可能です。Google Maps には、ご利用にあたりスタンダードプランとプレミアプランの2つのプランがあります。どちらのプランが適正かは、利用主体(個人あるいは法人か)で別れているのはなく、利用主体にかかわらず利用方法・利用回数で別れています。2つのプランの違いは以下をご参照ください。

Google Maps 無償版の利用制限について

 

 

 

3. Google Maps は印刷してもよいのでしょうか?

地図の印刷にかかわる質問もとっても多いです。印刷に関しては、利用規約に記載されておりますのでそちらをご紹介します!

印刷の許可については、以下の部分をお読みください。

https://www.google.co.jp/intl/ja/permissions/geoguidelines.html#maps-print

 

使用目的により可能・不可能は異なりますが、商用目的の場合の印刷は許可されていません。

また、印刷が可能である場合も、 Google Maps を表示する際には、必ず「権利帰属」を表示する必要があります。

https://www.google.co.jp/intl/ja/permissions/geoguidelines/attr-guide.html

 

基本的には、Google Maps は、世界中の地図を表示しています。ここでの注意点としては、日本部分だけは Google Maps を印刷物などで使用する場合は情報提供元のゼンリンに複製利用費用を支払う必要があります。この複製利用に関しましても、マルティスープ経由で調整できますので、必要に応じてお問い合わせください。

 

各国が情報提供をしている地図情報に関するリーガルノーティスは以下をご覧ください。

https://maps.google.com/help/legalnotices_maps.html

 

 

 

4. このような使い方をしているがライセンス的に無償で大丈夫ですか?

こちらも非常に多い内容です。Google Maps のライセンスはわかりずらい部分があるため、この使い方は無償版で大丈夫なのかという不安をお持ちの方が多いようです。

 

マルティスープは、Google Maps の販売パートナーとしての教育も受けていますので、大体のことはわかります。しかし、稀にどっちなんだろう?と迷うときもあります。そんな時は、Google社にきちんと問い合わせをし、回答をもらうようにしていますので、ご安心ください。

 

また、現在そのようなお客さまのために無料で、Google Maps のライセンスが無償か有償かを診断するサービスも行っています。詳しくは下記ブログを参照ください。

Google Maps 無償・有償プラン診断

 

※ 結果的に”無償でも大丈夫”というお客さまもいらっしゃいます。

 

 

 

5. 無償版の使用制限を超えたら地図は表示されなくなるのですか?

現在の無償版のライセンスでは、1日に地図の表示が 25,000 回を超えたら表示されなくなります。(モバイルは除く)

ただし、クレジットカードを登録し課金を有効にしておけば、100,000 回までは表示が可能となります。

 

詳しい無償版の利用制限については下記ブログを参照ください。

Google Maps 無償版の利用制限について

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?その他にもご質問などございましたら、お気軽に以下のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。 Google Maps のお見積りも承ります。

 

 

【関連記事】こんな記事も読まれています

2016.09.20

Google Maps と 360°パノラマ画像の連携

みなさん、こんにちは。

 

Googleマップにあるストリートビューの機能ですが、カスタマイズすれば自分が撮影したパノラ・・・

続きを読む

2017.01.24

InfoWindow をカスタマイズする

こんにちは。

Google Maps 上に描画したマーカーをクリックしたときに表示する吹き出し、通称「InfoWindow」をカスタマイズして・・・

続きを読む

2016.08.25

Googleマップで過去の航空写真を見る

みなさん、こんにちは。

国土地理院が提供するタイル地図とGoogleマップの連携方法を説明します。

今回は、Googleマップに国・・・

続きを読む

 - Google Maps APIs, サポート, スタッフ日記

お問い合わせお見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

(※)は入力必須項目です。

当社では、お客様がお問い合わせの際に必要な個人情報または、 お問い合わせ内容等につきましては、
お問い合わせの回答の目的のみに利用します。

Google Maps for Work™に関するご質問やお見積りは、
マルティスープまでお気軽にお問い合わせください03-3518-9013 (受付時間:平日 9:00−18:00)