MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

マルティスープ
Staff Blog

Introduction example

2017.11.20

QGIS で主題図を作る③鉄道・バス停データ

img

みなさん、こんにちは!

今日は、主題図を作るために使えるデータの紹介をしていきたいと思います。前回苦戦してQGISにのせたデータは以下になります。

 

基盤地図情報

 

 

QGISにのせたイメージはこのようになります。

qgis

 

 

ざっくりと言うと、建物情報・道路情報・水部情報です。描画できたのは良いのですが、属性テーブルを開くと文字化けしてる…と言うことに気がついてしまいましたが、このやり直しはまた後でやることにします…(前途多難)。

 

で、今回は電車とバス停のデータをこの地図上に描画がしたいと思います。

電車とバス停情報は、国土数値情報から提供されていますので、そちらを利用したいと思います。

国土数値情報は、国土に関する電子地図用のデータです。地形、土地利用、公共施設などの国土に関する基礎的な情報をGISデータとして整備・提供を国交省が行なっています。

 

鉄道とバス停データは、「4.交通」にありますよ。

 

スクリーンショット 2017-11-20 9.35.06

 

 

バス停留所データは、ポイントデータです。データは、「道路運送法における一般乗合旅客自動車運送事業に関して設置されたバス停留所で、民間路線バス、公営路線バス、コミュニティバス、デマンドバスを対象としたもの。」です。ルートも必要な場合は、「バスルート」をダウンロードする必要があります。

 

鉄道データの場合は、駅と線路の情報が一緒にダウンロードすることが可能です。レイヤーデータにデザインはされていないので、見にくいかもしれませんが、「レイヤプロパティ」の「スタイル」から適切なものに変更してください。

 

ここまでのデータの載せた図がこちらになります。

img

 

 

QGISにデータを挿入する時に、座標系を間違えると誤った場所・スケールでデータが描画されてしまうのでご注意ください。レイヤパネルにデータが挿入されたものの画面上でどこにデータがあるのかわからない場合は、「全域表示」の虫眼鏡アイコンをクリックすると対象物にフォーカスされるので、どこに掲載されたかよくわかると思います。

 

img2

 

 

ではまた〜

 

地図や位置情報を用いたシステムのご提案・開発ならマルティスープへ

マルティスープは、創業以来のGISとモバイル開発の実績と技術力で、営業支援システムやリサーチ・公共インフラ・工事・警備業界の現場を支援するシステム開発など、地図や位置情報を使った業務システムの導入のご提案や開発をいたします。

現場をつなぐコミュニケーションが屋内外業務のパフォーマンスを最大限に。マルティスープのiField(アイ・フィールド)®シリーズは、屋内外業務の現場の実力を減少させるコミュニケーション障壁を除き、使い慣れたスマートデバイスを使って 現場の実力をリアルに伝えるサービス。

位置・空間情報のエキスパート集団として一緒に働きませんか?

マルティスープは地図情報をはじめとする位置・空間情報技術のエキスパート集団です。当社で日々研究している地図や位置情報といった技術は、災害支援など貢献度の高いシステムとして使用されることもあれば、スマートフォンアプリのゲームとして使われることもあり、その利用用途・価値は、今後もますます広がっていっています。
私たちの企業理念は、「創る喜び、使う喜び」です。
今後の開発体制をより強化するために、新卒・中途問わず、当社の未来を共に創っていただける新メンバーを募集します!

【関連記事】こんな記事も読まれています

2017.03.11

GoogleマップにGeoJSONで図形を描画する

みなさん、こんにちは!

前回、KMLファイルを使って図形を描画する方法を紹介しましたが、今回は GeoJSON ファイルを使って図形を描画・・・

続きを読む

2017.09.26

MIERUNE 地図 Part2

みなさん、こんにちは。

以前ご紹介したMIERUNE地図のStandard版のスタイルをサンプルでご提供いただきましたので、早速試してみました・・・

続きを読む

2019.10.09

10月4日 山口大学で地理情報システム(GIS)の講演!

みなさん、こんにちは!

10/4、山口大学常盤キャンパスで、工学部修士1年生向けの授業「先端情報システム特論Ⅱ」の後期1回目の授業が開講されま・・・

続きを読む

 - GIS, QGIS, スタッフ日記