MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Staff Blog

Introduction example

2019.02.20

クラウドで小麦を収穫せよ!7日間の決戦 – 日経ビジネス電子版

memuro-komugi

みなさん、こんにちは!

弊社のユーザーでもあるJAめむろさまの取り組みが、日経ビジネス電子版に掲載されましたので、ご紹介いたします。すごく良くまとまっていて読みやすいので、是非ご一読ください!

 

https://special.nikkeibp.co.jp/NBO/businessfarm/innovation/22/

 

 

こちらの案件は、2012年から始まりました。初年度は、コンバインの位置情報を iアプリを使って取得し、管理画面で給油車のドライバーがコンバインの位置を確認、給油に行くという仕組みのシステム開発でした。このことにより、燃料代の削減に大きく貢献できたようです。非常にシンプルな仕組みですが、とても喜ばれたことを記憶しています。

 

 

次年度は、小麦の収穫を支援するためのタブレットアプリを開発しました。これは、圃場の刈取り情報を組合員の方がタブレットで入力し、刈り取った小麦を運搬するトラックのドライバーさんが持つNFCカードに書き込むのと同時に、クラウドのサーバーにも送信します。このことにより、小麦の受入施設にいるJAめむろの職員の方は、いつどのくらいのトラックが来るのか、どの小麦の品種が来るのかを把握することができます。(小麦の品種はとても重要なことだと教わりました)

また、タブレットを持った組合員の方は、自分が生産した受入後の小麦の情報(水分量など)や、トラックのドライバーの方が、次に何時頃くるのかを把握することもできます。小麦の刈取りは、スピードが命ということで、極力時間短縮、ミス、無駄を省くことが重要なことだそうです。

 

 

もう既に7年間ご利用いただき、毎年7月後半は緊張した日々を送っています。記事にもありますように、「絶対システムは止められない」ということで、いつでも対応できるよう準備はしています。昨年は、サンフランシスコで行われた Google Cloud Next に参加していたこともあり、サンフランシスコからSkypeを使って職員の方とたくさんやり取りをしていました。(時差があるので大変でした)

 

 

私は、農業に詳しい訳ではなかったのですが、この経験で、いろいろな知識を得ることができました。その経験は、他のお客さまの提案にも繋がっていると思います。

 

 

最後になりますが、このシステムは、弊社以外にもたくさんの会社の協力のもとに成り立っています! この出会いを大切にして、これからもシステムの開発、運用を行っていきたいと思います。

 

 

導入事例

https://www.multisoup.co.jp/works/memuro/

 

 

バイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】こんな記事も読まれています

2016.10.14

農機新聞にiFieldが取り上げられました!

みなさん、こんにちは!

9/29に札幌で開催したセミナーについて、農機新聞(平成28年10月11月号)に掲載されました!

・・・

続きを読む

2017.03.14

熊本県立大学での事例を公開しました

みなさん、こんにちは。

フィールド業務支援サービス「iFiled(アイ・フィールド)」を、平成28年熊本地震での建物被害調査(悉皆調査)に・・・

続きを読む

 - GIS, iField, スタッフ日記, 導入事例

お問い合わせお見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

Google Maps for Work™に関するご質問やお見積りは、
マルティスープまでお気軽にお問い合わせください03-3518-9013 (受付時間:平日 9:00−18:00)