MULTISOUP

MULTISOUP

MULTISOUP

Staff Blog

Introduction example

2017.02.23

Google Maps APIs 有償版と無償版の機能的な違い

無償版と有償版の違い

みなさん、こんにちは!

今日は、Google Maps API の無償版(スタンダード)と有償版(プレミアム)の機能的な違いをご紹介したいと思います。

 

Google Maps APIs のホームページにももちろん記載されていますが、すこし見つけることが難しいので、改めてこちらでご紹介します。

 

Google Maps Image API

機能無償版(スタンダード)有償版(プレミアム)
Static Maps API(静的な地図画像取得)
最大画像解像度640×6402048×2048
StreetView Image API(静的なストリートビュー画像取得)
最大取得解像度640×6402048×2048

有償版の場合、最大 2048px の画像を取得できます。 高解像度の画像が必要な場合、有償版がおすすめです!

 

WebサービスAPI(サーバ側)

機能無償版(スタンダード)有償版(プレミアム)
Directions API(ルート検索)
1リクエストで設定可能な経由地2323
1秒間のリクエスト可能回数50(サーバとクライアントの合計)50
Elevatoin API(地点の高度取得)
1リクエストで設定可能なポイント数512512
1秒間のリクエスト可能回数50(サーバとクライアントの合計)50
Geocoding API(住所から緯度経度取得)
1秒間のリクエスト可能回数50(サーバとクライアントの合計)50
Distance Matrix API(複数地点間のルート距離時間を一括取得)
1リクエストに付き設定可能な要素数100(最大25の送信元と最大25の送信先)625(最大25の送信元と最大25の送信先)
1秒間あたりの最大要素数100(サーバとクライアントの合計)1000
Geolocation API(基地局やWi-Fiの位置取得)
1秒間のリクエスト可能回数5050
Time Zone API(地点のタイムゾーン取得)
1秒間のリクエスト可能回数5050
Roads API(地点を道路上にスナップ)
1リクエストの最大ポイント数100100
1秒間のリクエスト可能回数5050

Distance Matrix API では最大、送信元 25 × 送信先 25(合計625)のルート距離と所要時間が一括で取得できます。無償版では、最大100なので、4×25、10×10 等までに制限されてしまいます。

 

Google Maps JavaScript API サービス(クライアント側)

機能無償版(スタンダード)有償版(プレミアム)
DirectionService(ルート検索)
1リクエストで設定可能な経由地823
1秒間のリクエスト可能回数50(サーバとクライアントの合計)50
ElevationService(地点の高度取得)
1リクエストで設定可能なポイント数512512
1秒間のリクエスト可能回数50(サーバとクライアントの合計)50
GeocodingService(住所から緯度経度取得)
1秒間のリクエスト可能回数50(サーバとクライアントの合計)50
DistanceMatrixService(複数地点間のルート距離時間を一括取得)
1リクエストに付き設定可能な要素数100(最大25の送信元と最大25の送信先)625(最大25の送信元と最大25の送信先)
1秒間あたりの最大要素数100(サーバとクライアントの合計)1000

DirectionsService では無償版の場合、経由点が8個までしか設定できません。もっと多くの経由点が必要な場合は有償版をご検討ください。

DistanceMatrixServiceも、Distance Matrix API と同様な結果です。

 

 

2017年2月22日時点での違いとなります。今後変更される可能性もありますので、ご注意ください。

何かしら変更があった場合、このブログですぐに紹介しますので、たまには見に来てくださいね^^

その他にも、サービスレベルや技術サポート、広告の制御、1日に使用できる利用回数等の違いもあります。詳しくは、以下のページもご覧ください。

Google Maps API プレミアムプランについて

 

 

サーバとクライアントの合計とは?

例えば、住所から緯度経度を取得しようとした場合、サーバサイトで利用可能な Geocoding API と JavaScript API 内にある GeocodingService を利用する2パータンがあります。

Geocoding API はバッチ処理等で、一括処理する用途に向いています。

GeocodingService は、ボンタをクリックした等のタイミングで緯度経度を取得する用途で使用することが多いのでないでしょうか。

無償版(スタンダード)では、上記2つを合計してカウントされることになります。

 

 

 

マルティスープでは、Google Maps のパートナーとして、様々な開発経験を生かした最適な提案を行っています。もし、Google Maps をはじめその他地図を利用した開発など、地図にまつわる悩み事がありましたら、下記よりお問い合わせください。

 

【関連記事】こんな記事も読まれています

2016.07.08

サポートポータルサイトのアカウント権限

みなさん、こんにちは!

今日は、サポートポータルサイトのアカウント権限についてご紹介します!

 

続きを読む

2017.02.07

Google Maps 無償版の利用制限について

みなさん、こんにちは:)

今日は、お客さまからの問い合わせが多い Google Maps APIs の無償版(スタンダードプラン)の利用制限に・・・

続きを読む

 - Google Places API, スタッフ日記, スタンダードプラン, プレミアムプラン